南の島のペーチン

石垣島での暮らし

南の島のペーチン イメージ画像

島人ぬ宝さがしに挑戦してみた

保健師の訪問をしていたら、見つけた、気になる場所。 宮良のアダドゥナー(降りる井戸)です。 入り口に、立て看板。フェンスがありますが、施錠はなく、自由に入ることが出来ますよ。 傾斜が深く、殆ど縦に降りていくような、深い井戸です。 井戸の深さは12メートル。階
『アダドゥナー 降り井戸(宮良)』の画像

これは、民家のお庭にある「 ライオン岩 」。 民家をマップに載せて、人がおしかけて来ないのかな、探してもだいじょうぶなのかな、と心配になりましたが。 4号線沿いのお庭は、住人の手を煩わせることなく、そのまま石を見ることが出来ました。 良かったぁ ♪ライオンの顔に
『ライオン岩( 登野城 )』の画像

有名な大浜の津波大石の場所は。 大浜公民館、オヤケアカハチの像を左手に眺めながら、3つの御嶽を越えて進みます。とっても綺麗なガジュマルの木。右手に見える大浜小学校の向かいにあります。 津波大石です。 直径12.8メートル、高さ5.9メートル、推定1.000トンの巨大な珊
『津波大石( 大浜 )』の画像

朝日を眺めるとしたら、いつもは、サザンゲートブリッジ付近。金色の夜明け。今日は、八島町の遊歩道から、朝日を見に行きました。『 八島日の出海岸 』 空と海の夜明けの色。朝の空気。サーッ、サーッと引いては打ち寄せる波の音。心が静かになる 素敵な時間です。 
『八島日の出海岸( 八島町 )』の画像

白保のピーゴロの坂を登り、左手に少し折れたところに。『 スゥスフツ(獅子口)』がありました。まるで、獅子の口の形をした岩。昔から、地元の人の地理的目印として親しまれてきたそうです。迫力ある形。下は、白保小学校の校庭の3本の木。アコウ・ガジュマル・デイゴ。昔
『スゥスフツ(獅子口)を探して( 白保 )』の画像

マンタが空へ翔ぶように見える『 マンタ山 』白保方面から見た、桴海おもと岳です。空港方面へ向かう道。空港を出て、大浜方面へ向かうと、国道沿いに植えられたヤラブ(テリハボク)の木。ヤラブ並木は、防風林。家具の材料としても、一級品です。『 新ヤラブ街道 』『 宮良
『マンタ山( 白保 ) ヤラブ街道( 大浜 )』の画像

『 ハート岩 』を見に行きました。伊原間の東海岸に点在する津波石群の中に、ハート模様の石があります。場所は、伊原間消防署の近く。車を停めて、防波堤を越えて、砂浜に降りると、すぐにわかります。地元では、「 巻き石 」と呼ばれて、昔から子宝の御利益がある、とされ
『ハート岩 を探しに( 伊原間 )』の画像

一番の目玉です!! 『 ミーバイ岩 』を探しに行ってきました。島人ぬ宝探しマップで、もっとも見つけづらくて、最も、心を惹かれたスポット。絶対、見てみたい!!名蔵湾を左手にして、崎枝集落へ入ります。琉球松や島バナナの木、月桃の生い茂る道。海へ向かって降りていき
『ミーバイ岩 を探しに( 崎枝 )』の画像

↑このページのトップヘ