南の島のペーチン

石垣島での暮らし

南の島のペーチン イメージ画像

お仕事つれづれ

ペーチンは保健学科を卒業した23歳から27歳までの5年間、県立病院で看護師をしていました。離島に転勤した整形外科・内科の混合病棟の時。尊敬する医師に出逢えたの。大病院で勤めるドクターは、鼻持ちならない人も多くて。独身のドクターなら、若いナースにもモテモテ。 患

ペーチン、自治体の保健師をしていました。 仕事のひとつには、特定保健指導なるものがあり、メタボな方へ生活習慣改善のアドバイスを行う、っていうお仕事です。 真夏の南の島は、訪問すると、汗びっしょり。 訪問時には、訪問バッグに、血圧計と聴診器、カルテにパンフレ

↑このページのトップヘ