南の島のペーチン

石垣島での暮らし

南の島のペーチン イメージ画像

子宮全摘キロク

手術をした晩から朝まで、うつらうつらしていました。 痛いときは、硬膜外に入っている管から、痛み止めを注入します。 自分で痛みのコントロールが出来るんです! メッシュの袋の中に、麻酔薬で膨らんだ風船が入っています。 手元のボタンを1プッシュ押すと、腰の辺りにス

手術の朝。 絶飲食なので、7時になってもすることもなく、横になっていました。 息子の7歳の誕生日です。 お誕生日おめでとう!の電話をしました。 手術室への入室時間は、11時なので、家族にも10時頃、病棟に来てね!と声をかけていたのですが。 8時に、主治医の先生が

いよいよ入院の日。  キャリーバッグに、タオル ・ ゆったりパジャマ ・ お腹まですっぽりおおえるパンツ ・ 前開きの胸当てつき下着 ・ クロックスのような室内履き ・ ふたつきのマグカップ ・ ティッシュ ・ 文庫本7冊 などを詰め込みました。 実家に子どもたちを預け、11

子宮筋腫の大きさや、性状を知るために、骨盤造影MRI を撮りました。 造影剤を使う為、同意書にサイン。 私は、検査が午前中だったので、朝食抜きで。 お水は少量なら飲んでも構いません。 まず、太い針(20G位)を左手に、刺して留置。そこから、血管内にガドリニウム造

GnRHアゴニストの注射による治療について、書きます。 「GnRH アゴニスト」という薬を投与することで、女性ホルモンを作らなくする方法。 偽閉経状態をつくる。 その結果、病巣は萎縮し、月経は停止し、症状は緩和される。 【適応】 ・筋腫のサイズを小さくして、手術中の出

私は、子宮を取ることに決めました。 決めたら早い。着々と動きます。 まず、職場の上司に、有休の残りを3月中旬から末日まで貰えるように相談しました。 同僚に迷惑をかけないよう、仕事を、それまでに終わらせていきます。 主治医に相談し、実家のある県立病院へ紹介して

生理の間、デスクワークをして、立つと、ジャーッと経血が流れ出て、下着や服、椅子まで汚してしまいます。 超ロングのナプキンを、一時間おきに変えなければ間に合いません。 歩くと、フラフラ。 階段を登れば、ドキドキ。 寝ていても、シーツや敷布団まで、血が漏れて、片

夫と子どもたちに、先生から聴いた説明をしました。 まず、市立図書館へ行きました。 子宮筋腫・女性ホルモン・更年期などのタイトルがつく本や雑誌を、片っぱしから借りました。 夜眠る前に、毎日、読みました。 職場でも、仕事の合間に、パソコンでネット検索。 スマホで

↑このページのトップヘ