庭には、長命草が自生しています。

☆『 長命草 』
沖縄などでは、『 サクナ 』や『 チョーミーグサ 』と呼ばれています。
和名は『 ボタンボウフウ 』セリ科の植物です。

長命草は、与那国島など八重山諸島の海岸沿いの崖などで多く見られ、台風や厳しい日差しという自然環境にさらされながら、生えている強い生命力。
「1株食べると1日長く生きられる 」!と言われる、オキナワンハーブです。
天ぷらや味噌和え、魚汁・ヤギ汁・おひたしや刺身のつまにも、よく使われています。

お魚を煮るときにも。
生姜・煮魚のタレ・大根・椎茸・長命草。

8E4EEA93-0C5F-4448-B169-45D2BF704051

グツグツ煮るだけ。ほったらかし。

283C093D-DDAC-4098-BB77-725D3846C435

ひっくり返して、小松菜も加えて一煮立ち。
臭みの無い、美味しい煮魚の出来上がりです。

1C8262AD-39AE-4138-900D-70D336742027

最近は、資生堂から、与那国島さんの長命草ドリンクが出ています。
それも、青汁みたいで、美味しいよ〜。

私は、長命草は、天ぷらにするのが一番好きです ♪
大葉の天ぷらも美味しいけど、長命草もパリッとなって、オススメです。