☆ 絵本「 かぜのでんわ 」


子どもに読み聞かせする時、途中から声が震えてしまい、最後まで読めない・・・。
ーーーーーーーーーー
やまのうえに 1だいのでんわが おいてあります。
きょうも だれかがやってきました。
せんのつながっていない そのでんわで はなしをするために。
ーーーーーーーーーー
号泣必死です。
岩手県大槌町に、本当に風の電話ボックスがあるようですね。
 


☆ 絵本「 ママがおばけになっちゃった! 」

 

本屋さんの立ち読みで、涙が溢れちゃった。ヤバいっ。
睫毛をシパシパさせながら、その場を離れましたが、目は真っ赤な不審者。
母は、まだ死ぬ訳にはいかない。



☆ 映画「 半落ち ( はんおち )」

 

元警察官の男が妻を殺し、自首するまでの空白の2日間。
昔の映画ながら、演じる寺尾聡さんが本物だ(まるで、子犬のような目をしてる)。
妻を殺して、それでも生きた2日間の足取りに、思い出すだけで、涙が溢れるわ。
観ている最中は、嗚咽し過ぎて、息が出来なくて死にそうでした。



☆ 映画「 ステラ 」

 

娘のウェディングドレス姿を、外から見つめるお母さんに号泣。
子どもの幸せを思う母の気持ちが切なすぎるわ。
ベット・ミドラー、演技力すごい。



☆ 映画「 パーフェクトワールド 」

 

刑務所から脱獄した男(ケビン・コスナー)が8歳の男の子を人質にして、逃げる話。
許せないけど、完全な悪人じゃないんだよなぁ・・・。

最近、CMとか、映画の予告編とかで、3秒で泣けるようになった。
ますます涙もろくなったのは、年を重ねたせいなのか?
おばあちゃんになったら、ペーチン、ちょっとしたことで毎日泣いていそう。

オトナになると、ココロがギザギザする時もある。
汚れた心を、涙で洗い流す時も必要なのさ。

風の電話