インフルエンザが、猛威を振るっている石垣島です。
過去最高の流行ですってよ。

病院では、簡易キットを使って、インフルエンザかどうか調べます。

ここで、受診のタイミングに、ご注意!

インフルエンザの簡易検査は、発熱などの症状が出てから、12時間から24時間経たないと、 陽性にならないの。

一個のインフルエンザウイルス。体内に侵入してから、8時間後に100個。16時間後に一万個、24時間後に100万個と、増殖。ウイルスの増殖が不十分だと、ウイルス検査で感知できず。迅速キットで判定できるウイルス量が、発症後12時間経ってから。

だから、今朝から頭が痛くて、熱が出て・・・と受診した患者さんが、検査をしても、陰性になってしまうことがあります。
この時点では、明らかにインフルエンザだ!と言い切れず、一旦、解熱鎮痛剤や、咽頭炎の薬だけを処方して、明日も続いているようなら、再診を促すパターンが多々あります。

せっかく、受診しているのに、インフルエンザに罹っているのに、早すぎて検査をしても、陰性(かかっていない)と判定されてしまう。
体はキツイのに、時間も検査料金も、もったいない。

インフルエンザの検査は、細長い綿棒で、鼻の奥を拭うだけ。
15分で、インフルかどうか解ります。
家族で罹患していたら、一番最初に発症したひとりだけ、代表として検査します。

インフルの検査は、12時間経たないと正確に判定できないんだけど・・・
抗インフルエンザ薬(タミフル・イナビル・リレンザなど)は、発症から48時間以内の投与で、効果があります。

だから、発症から 12時間以降、48時間以内 の受診が、最もオススメです。

ペーチンは、個人的には、症状のきつい風邪だと思ってる。
ハイリスク(小児やお年寄りやリスクのある人)の方じゃなければ、落ち着いて。

どんな風邪でも、熱が38度近くあれば、または風邪症状がキツければ、学校や会社は、お休み。体力があれば、2日も寝込めば、自宅療養でも治ります。
私自身は、ちょっぴり危険かも、と思ったら、早めに麻黄湯を飲むようにしています。
インフル受診の際の病院代は、大体¥2.000円くらいだけど、インフルの薬代は、高価な気がする。

でも。。。勤め人だと、診断書とか出さないと、堂々とお休みしにくいよね。
学校だと、診断書なしで、病院受診のレシートがあれば、それを学校に出せばいいみたい。
やっぱり、受診した方が安心かな。

ペーチンが勤める病院では、FUJIFILM(富士フィルム)さんが手がけた検査機器を使っています。
写真技術の応用により、ウイルスの検出感度が向上。
ウイルスの量が少ない発症初期の段階でも、検出可能。最短3.5分。
FUJIFILMさんは、カメラ屋さんかと思っていたら、医療の分野で活躍中なんですネー。
ウイルスを早く見つける(世界は1つずつ変えることが出来る)ってCMかっこいい。

 ☆  富士フィルム株式会社 インフルラボ