ペーチンの妹、4人姉妹の末っ子のレーちゃんは、強力な運の持ち主。

何故ならば。

石垣島のおじいちゃんちに帰省していた、大晦日の夜。
2〜3歳くらいのレーちゃんは、車に轢かれたの。
鬼ごっこをしていて、道に飛び出し、タクシーに跳ね飛ばされた。
私たちが「紅白歌合戦」を観ている時に、両親とレーちゃんは八重山病院だったわ。
年越しに、幼子を轢いてしまったタクシーの運転手さん、本当にお気の毒です。
飛び出してきたチビッ子が、完全に悪いの!
あれは、よけきれないと思うわ〜〜。
結局、レーちゃんは、何ともなく元気に退院してきました。

またまた。
父親と、クーちゃんと、お出かけしたレーちゃん。
ダムに遊びに行ったらしくて、クーちゃんが気付いた時には、ダムに続く穴(排水管みたいなやつ?)に、レーちゃんは落ちていたらしいの。
上半身だけ出ているレーちゃんを、クーちゃんは必死に父親を呼び、助けたらしい。
そのまま、ダムに落ちていたら、生きてはいなかったことでしょう。

時は過ぎ。
結婚して、関東に住むようになったレーちゃん。
妊娠・出産の為に里帰りしたとき。
あの大震災と津波、原発事故が起こったの。

レーちゃんは、決して、危険な場所には身をおかない。
何かに守られているんじゃないか、と思うの。

現在、北海道に赴任しているレーちゃん。
だとすると今、北海道は、安全ね。
レーちゃんがいない地域が、問題なの。

あのコは、9つの命を持つ『 クレストマンシー 』なのかもしれません。