娘のキューピーは、 朝から晩まで、ハリーポッターを観ているほどにハリポタの世界が好きで、テレビで USJ が流れるたびに、行きたがっていました。

息子のヘイは、八重山漁連がサメの駆除をしたというニュースを観てから、ずっと、サメへの恐怖に怯え、サメが出たらどうしようか、とそればかり考えている、釣り人です。 
ですから、ジョーズに怯える姿が見たかった ♪ 

ユニバーサルスタジオジャパン に行ってきましたー!

朝 7時30分。
ホテル・ラ・レゾン大阪から、無料で USJ までバスで送って頂けました。
自家用車で USJ へ行くと、駐車場代もかかるし、停めるのも大変。

ホテルのバス停車場から、USJ の入り口まで、結構な距離を歩くけど、自家用車の駐車場も同じくらい歩くので、USJ に行く時は、とにかく歩くのを覚悟して。

8月の水曜日。
ユニバーサルスタジオジャパン。
8時00分 オープンで、入場できました。
オープンと同時に、皆さん、お目当の場所へ走っていましたよ。

私たちは、目指すハリーポッターエリアへ。
入場整理券なしで、ホグズミート村に到着。
巨石を抜けると、カラフルなショップが立ち並ぶ街並みに、そびえるホグワーツ城。






あちらこちらに目を惹かれますが、そのまま、ハリーポッター・アンド・ザ・フォービィドゥン・ジャーニーへ。
入り口から進むと、ヴォルデモートの像や、魔法のクラスの扉、鏡、牢屋、それから荷物を預けるロッカーがありました。
このロッカーが番号札はあるものの、スゴく混んでいて、大変です。

おしゃべりする絵画や、ダンブルドア先生の部屋、透明マントを着て登場するハリー・ロン・ハーマイオニー。
そして、組分け帽子から説明を聞き、3Dメガネをかけて、4人乗りのリフトに乗り込んで、始まりました。
これは、暗闇の中を、結構な揺れと音響で飛ぶライドなので、お子さんは、かなり恐がると思います!

なんと、私たちの乗車時、ライドの途中で、急停止。
安全装置が作動しましたというアナウンスが流れ、空中に数分間宙ぶらりん状態で、とっても怖かった!
ゲストの誰かが、途中で降りようとしたのかなぁ。
その後、無事に動き出しましたが、一部観れなかったところもあり、とっても残念。
降車場で、途中で止まった方々への、もう一度の乗車案内がありましたが、うちの子どもたちは、もう乗りたくない!と訴えて無理でした・・・。
ちゃんと、全行程を観たかったわ。

大人は面白いし、ハリーポッターの不思議な世界をかなり楽しめる空飛ぶ体験が出来て、素敵なんだけどな。子どもたちが中学生位になったら、行けるかな。

オリバンダーの店で、杖が魔法使いを選ぶショーを観てから、子どもたち、この日の為に自分で貯めてきたお金で、それぞれの杖を購入。
杖を買うために、お年玉も1円も遣わず貯めてきました。
だって、1本 ¥4.900もするのよ!とても買ってあげられない。

キューピーは、ハーマイオニーの杖(ブドウの木で作られている)。
ヘイは、ダンブルドアの杖(ニワトコの木で作られている)。



ワンドマジックの魔法がかけられる杖なので、このあと、ボールを宙に浮かせたり、大扉を開いたり、雪を降らせたりにチャレンジしました。

嘆きのマートルが住むトイレに入ってから、百味ビーンズや蛙チョコのお店を見ました。
道端でバタービールを飲んで、おきまりの、泡でヒゲをつけるのも忘れずに。




次に向かったのは、ジョーズ。
すでに60分待ち。




初めて、ジョーズに乗る子どもたちは、ギャーギャー言っていました。
ほんとみたいだもんね。

暑い炎天下。
次に行く前に、お昼ご飯。
ディスカバリーレストランで、キューピーと私は お子様セット、ヘイは ステーキ、キラさんは チキンを食べました。
クーラーが効いていて、やっと座れたよー。
疲れた足に、休憩タイムです。

窓の外を、トリケラトプスや、肉食恐竜のヴェロキラプトル、ディノニクスが歩いていきました。

1502025897712

ジュラシック・パーク・ザ・ライド。
60分待ち。
最後のティラノサウルスから逃げる急降下ダイブで、お尻が宙に浮く恐怖の感覚には、慣れないわ。
出口で見られる急降下中の写真では、ピンクのポンチョを着ていたキューピーは、頭を下げて耐えているので、ピンクの荷物みたいに見えた。
意外にヘイが、誰よりもしっかり、真正面を見て写っていました。

アミティービィレッジまで戻って、サーティワンアイス。
選べる種類は少なかったけれど、キューピー大好物のポッピングシャワーがありましたよ。

歩いていくと、ミニオンの水掛けパレードに遭遇。
子どもたちに急いでポンチョを着せて、間に合った~!

クルーやミニオンに合わせて、ジャンプしながらノリノリで踊るキューピーとヘイ。
水もいっぱいかかって、幸せそう。

ミニオンパーク。
ミニオンと写真撮影。




ミニオンのハチャメチャライドは、140分待ち。
炎天下で、2時間半は無理。
一旦諦めます。

ミニオンパークで、バナナ・カバナに挑戦。
1200円でバナナ5本を貰い、ハンマーで叩いて飛ばし、ココナッツの中に1本でも入れば、大成功。



ヘイは、2本入れることが出来て、クルーとハイタッチ ♪
念願のミニオンのぬいぐるみを貰いました!



混雑しているミニオンパークから離れて、妖怪ウォッチ・ザ・リアル。
お兄さんの演技のうまさ、可愛い妖怪たちに、お子さまエリアで、こども達がノリノリで妖怪体操を踊り、親が見物客になり撮影もオッケー。
楽しんでいました。

ターミネーター。
30分待ち。
近未来、ロボットが占領するという設定を信じ、ジョンコナーに、五分以内にここから出ろ!と言われて、ヘイさん大パニック。
コワイ~こわい~!と、半泣きでした。
すっかり信じてしまったのね。

もう一度ミニオンパークへ。
ミニオンクッキーサンドバナナアイスと、フルーツ&クリーム。




ユニバーサルワンダーランド。
ほとんどの乗り物は、6歳以下のお子さま向けで、7歳のヘイと10歳のキューピーは利用出来なかったので、見学だけ。
室内の遊具 ジャングルジムで、遊べました。

フライングスヌーピーです。
20分待ち。




実は私、これが一番怖かったです。
真ん中のレバーで高くなったり低くなったり自分で調整するんだけど、ヘイの運転で、高いとこばっかり、高所からフワーッと下降する、恐怖の繰り返し。

夕暮れ時です。
ハピネスカフェで、夕御飯。
ひとりずつ必ず一品注文するのがルール、ドリンクバー付き。
キラさんとヘイは、チキン。
私は、ハンバーガー。
キューピーは、オムカレー。ミニオンの形をしていて、可愛い。



ミニオンハチャメチャライドへ。
70分待ち。
最後のチャレンジ。
日暮れて涼しいし、待ち時間もずっとミニオンのテレビが見られたので、大丈夫でした。

怪盗グルーの研究室で、ミニオンになる為の訓練。
8人乗りのライドで、私たち4人は、前方に座れました。
ハチャメチャライド、迫力もあって、とっても良かった。
念願のライドに乗れて、子どもたちは、これが一番楽しかったと言っていました。

帰りのホテルのお迎えバスは、22時発。
なんとか間に合いました。
バスで、冷たいミネラルウォーターをいただき、本当にサービスが素晴らしいホテルです。

今日の歩数は、32.000歩。
子どもたち、よくガンバって歩いたね!




夢のような時間。
家族でいられる、しあわせな時間を、ありがとう。