飲む点滴「甘酒」。
元気のない朝に、甘酒と無調整豆乳を半々に混ぜて、飲んでいます。



朝ごはんは、これだけの日もある。
意外と腹持ちが良くて、お昼までお腹空かないのよ。

南国出身のペーチンは、甘酒なんて飲んだ事なかった。
京都で、参拝の折に、「甘酒のお振る舞い」なんてのがあって。
寒い中、生姜入りのあったかい甘酒を頂いて、うわぁ美味しい!って感激。
でも、すごく甘いから、甘酒単品じゃなくて、豆乳で割って飲むと、ちょうどいいくらいの甘みなのです。
寒い時は温めて、今は夏だから冷やし甘酒よ。

しかし、近年、流行っていますね。
ペーチンと仲良しの、若い保健師ショコタンも飲んでたわ。
彼女は、両頬に笑くぼがある、とっても可愛い元気者。

米麹の甘酒が、イイ仕事をしてくれるって!

甘酒は発酵食品、麹菌の出す酵素には体重抑制効果があり、ダイエットにもなる!
食物繊維やオリゴ糖が豊富で、便秘解消。
ビタミンが含まれていて、アンチエイジング効果。
コウジ酸がメラニン色素を抑制し、美白効果。
な〜にぃ〜! そんなの飲むしかないでしょ。

気をつけなければいけないのは、酒粕から作られる甘酒は、砂糖が含まれているからNGよ。
必ず、米麹の甘酒(原料は 米麹・米・水のみ)を選びます。

美容と健康に、嫌いでなければ、甘酒。
40代には見えない可愛さの永作博美さんも、毎日、豆乳甘酒を飲んでいるって♪
美しい人の選ぶもの、素直に真似しま〜す。

ちなみに、どんなに美と健康の為だと言っても、納豆だけは食べられないペーチンです。