南の島のペーチン

石垣島での暮らし

南の島のペーチン イメージ画像

2017年04月

ペーチン28歳。 京都市北山に住んでいました。 キラさんと待ち合わせた三条京阪の駅は、賑やかなスポットです。 地下鉄三条京阪を上がると、雑貨屋さんやカフェなどの、お洒落な店が並んで、そこから鴨川を眺めつつ河原町へ。 初秋のある日。 ペーチン、オシャレな格好をし
『河原町を闊歩するお洒落さん』の画像

ペーチン24歳。 稼ぎの良いナース。 ひとつ上の姉 ユーちゃんと、夏休みを合わせて、東京へ遊びに行きました。 時は…1990年代! 20代のピチピチした私達!! 赤坂プリンスホテルに泊まり、東京タワーや、ナムコナンジャタウンに行ったり、美術館に行ったり、都会にウキ
『初めての東京見物』の画像

ペーチンは、幼稚園を2回、小学校を3回、転校しています。 父の仕事が、転勤族だったからです。 小学1~2年生の頃。 那覇市の識名小学校に、通っていました。 識名小学校は、高台にあります。 小学校正門を出て、右手に進み、分岐を右側へ。 坂道を登って帰るのが、ペー

ナースだったころ。 初めて勤めたのは、県立病院。 救急も受け入れる大きな総合病院でした。 看護師は、三交代のシフト。 ペーチンは、外科・脳外科病棟で、過酷な勤務に追われていました。 患者さんの数に対して、圧倒的な仕事量。 看護記録を書く暇もないほど、立ちっぱな

ペーチンは、10年ほど京都に住んでいました。 ある夏の夜。 あまりの蒸し暑さに、夫のキラさんと、涼を求めて車を走らせました。 そう言えば、お友達が、貴船川でも蛍が見られるよ、って言っていたことを思い出して。 京の奥座敷、貴船神社へ。 今思えば、蛍を見るには日
『京都 貴船神社の奥社』の画像

息子のヘイくん。 3歳の頃。 ごはんを食べていました。 卓袱台をはさんで、子ども椅子に座るヘイくんの位置からは、庭が見えます。 井戸も、見えます。 ヘイくんは、庭に向かってバイバイ。 手をヒラヒラ。 誰もいないけど? 誰に手を振ってるの?? !! 井戸です。 井
『井戸から白い手』の画像

引っ越してきて、庭をさわり始めた夫のキラさん。 この庭は、祖父が丹精込めて、作ったお庭です。 門扉を開けると、ガジュマル。 ヒンプンの裏手、庭の中央に、小さな池。 家の東側には、石燈籠。 配置された石には、一文字ずつ、字が彫られています。 作り込
『物干し竿がグニャリと。』の画像

昔の家なので、木造家屋です。 畳を上げると、組み合わされた細竹が、敷き詰められています。 赤い瓦と漆喰の屋根。 張り出している部分からも、組み合わされた竹の間に土で固めてあるのが見えます。 天井は、屋根裏が見えないよう、板が重ね置いてあります。
『リフォーム』の画像

↑このページのトップヘ