フルタイムの仕事を、3月で退職しました。

経済的な不安を感じつつも、子どもたちと一緒にいられる有り難さを、今、感じているところです。

何より変わったのは、子どもたち。

10歳の娘も、7歳の息子も、素直に甘えるようになりました。
今日あった出来事を、一生懸命、話してきます。

キューピーは、意地悪してくるクラスメイトの対処法を相談し、
からだの悩みを打ち明け、
歌えるようになった歌を披露し、
自分が面白いと思った本を薦め、
上手に描けた絵を見せてくる。
いままでの口癖は、
「どうせ、キューピーなんて・・・」
だったのが。
今は、
「キューピーって天才だから~♪」
に変わってる。

ヘイは、いじめっこと仲間になったこと、
今日の闘いで唇を切ったこと、
舞台で遊んで先生に怒られたこと、
黒板消し当番を忘れてて親友が消してくれていて助かったこと、
泥んこの運動場でサッカーをしたあと鶏小屋に入って靴がものすごく臭くなったこと、
嫌いな野菜は 牛乳と口の中で混ぜて食べれば ミルク味になって 飲み込めること
を話してくる。
毎日、元気いっぱいに生きている。

さらに。
今日のおやつは何??って、必ず聞いてきます。
それは、朝の残りのおにぎりでも、バナナでも、ラムネ1本でも、チューチューでも、スナック小袋菓子ひとつでも、何でもいい!
ただ、母が「おやつよ~」って、テーブルに出すだけで、大喜び。
島バナナをつぶしてヨーグルトを混ぜて、凍らせただけで、大喜び。

小学校から帰ったら、手洗いうがい、そしてオヤツを食べて。
一段落ついたら、宿題して、柔道行って、お風呂して、夕御飯。
このリズムで、就寝22時から朝7時まで、よく寝ます。

小さい頃、夜は眠る前に、絵本を読み聞かせしていましたが。
字が読めるようになった頃からは、自分で好きな本を読んで、眠るようになった子どもたち。
昨日、ヘイが「ママに読んでもらおうと思って!」と、絵本を借りてきたのには驚いた。
久しぶりだね、読み聞かせ。
こういう時間があること、忘れてたな。
まあ、読んであげてる途中に、もう寝ていたけれどね。

こどもは、あっという間に大きくなって。
私の手から、離れていく。
べったり、一緒にいてくれるのなんて、小学生のうちくらい?

私は、働き手なので、近々、フルタイムの仕事を探すでしょう。

母が 家にいる。
こんなじかんを、大切にしようと、思います。