南の島のペーチン

石垣島での暮らし

南の島のペーチン イメージ画像

更新情報

ペーチン昭和48年生。 お腹が出ています・・・そう、まるで地獄にいる餓鬼のような体型。 一緒にお風呂に入ると。 ママを見て娘は、ためいき。 「 年寄りはお腹が出るのよねぇ。 」 ストレッチしてれば、息子は、 「 うん!ママはダイエットしなきゃね♪ 」 なんという、世知辛い
『復活したダイエット』の画像

幼稚園から小学2年生まで、識名小学校に通っていました。 近所に同い年の女の子がいなかったものだから、姉のユーちゃんと、姉のお友だち2人と、遊んで貰っていたペーチン。 4人でよく遊び、仲良くしてもらっていたんだけれど。 ひとつ下でも、こどもの頃は足手まといだった

金銀花(きんぎんか)が咲く季節です。 風に乗って、甘い香りがします。 和名;吸葛。 スイカズラ科。花や葉は食べられる。 発汗・利尿・抗菌作用が強いので、風邪を治し、肝臓の解毒作用があるんですって。 生薬は、扱いが危険だけど、少しずつ覚えていきたいところです。
『金銀花(スイカズラ科)』の画像

ペーチン小学3~4年生の頃。 南風原小学校に通っていました。 家族が住んでいた公務員宿舎の周りは、 サトウキビ畑。 ベランダから外を見ていて、風が吹くと、きび畑が揺れて、緑の波みたいにそよぐ。サワサワと葉ずれの音。 サトウキビの収穫時、500円玉を持って 「1本売

日曜日に、吉原朝市に行ってきました。 朝市の始まりは、9時50分きっかり! ¥100で野菜や果物、時には魚も買えちゃうので、小さな小さな吉原公民館に人が次から次へときて、あっという間に売り切れちゃいます。 ペーチンは、ネギとナスビを買いました。 キラさんは、クチ
『チランジア・イオナンタ』の画像

古民家暮らしは、自然との共生。 そう・・・ ナチュラルな暮らしとは、サバイバル。 コンクリート建ての密閉された、しっかりとした造りではない古民家。 木造、まして瓦屋根の下は、土や竹なのです。 畳の下も竹で組まれてる、つまり、外と開通しています。 だから。 出るの

毎朝、手作りのヨーグルトを食べているペーチン家。  子どもたちの朝ごはんは、だいたい、おにぎり(具を色々変える)・バナナ・ヨーグルト(ジャムをひと匙)です。それに、パンが加わったり、スープや、果物、その日にあるものを足す。 私は、毎朝、スムージー生活。
『有機シリアル ハイファイバープレミアム』の画像

女性は、子どもが産まれると、旦那様より子どもが優先になります。 夫は大人だけれど、こどもは自分で生きていけないでしょう。 子どもの為に、がんばる。 責任感の強い女性は、がんばる。 必死にがんばる。 女性は24時間、忙しい。 仕事をして、子どもを育てて
『これまで。そして、これから。』の画像

↑このページのトップヘ